サービス内容 - セキュリティTAPA FSR

TAPA FSRとは

TAPA-FSRは、依頼主の高価値製品およびハイテク製品を安全に取り扱う上での要求事項です。 技術資産保護協会(Technology Asset Protection Association : TAPA)は、セキュリティ専門家と関連するハイテク企業のビジネスパートナーが、テクノロジー産業と他の高価値製品に共通するセキュリティ問題に取り組む目的で創設した団体です。
TAPAの貨物のセキュリティに関する要求事項(FSR)によって、ハイテク製品および材料が世界中に流通される際の取り扱い、保管、および輸送に関わる特質について規定されています。これらの要求事項は、そうしたハイテク製品等がサプライチェーンを通じて流通される際の最低限容認可能なセキュリティ基準と、基準を維持する際に使用すべき手段を規定しています。
さらにFSRは、輸送業者が自己の施設および運送業務についてTAPA認証を取得するためのプロセスおよび仕様の概要を規定しています。

TAPA FSR認証取得のメリット

■貴社の倉庫および貨物取り扱い業務のセキュリティを向上させます。
■高価値、ハイリスクな製品の取り扱いに対するセキュリティ上の格付けを高めます。
■セキュリティヘの配慮と依頼主のセキュリティヘの期待に対応する能力があることを実証します。
■TAPAメンバーが展開しているサプライチェーン管理事業やそのほかの高価値製品サプライチェーン取り扱い事業に貴社が参画する道を開きます。
■最新技術にマッチし組織安全要求事項に適合したマネジメントシステムの確立に役立ちます。
■セキュリティに関わる賠償負担を軽減します。
■コミュニケーション手段をサポートし企業価値の中核を強化して、社員がセキュリティに配慮していることを実証します。

TAPA FSRの認証プロセス

STEP 1 お問い合わせ

TAPA FSR認証についてまずはお問い合わせください。

STEP 2 見積作成・契約書のご提出

ご依頼の内容(日時、ご要望等)で御見積後、正式なご契約となります。

STEP 3 資料のご提出

審査で必要とされる資料をご提出いただきます。
■組織図(委託業者含む)
■構内の概略および地図
■セキュリティシステム図
■第三者契約(委託業者)のリスト(例:機械警備会社、輸送サービス会社 等)

STEP 4 予備審査(オプション)

ご要望に応じて、審査の準備状況を確認します。

STEP 5 現場審査

TAPA FSRの要求事項に基づき、スコアリングで審査を実施します。

STEP 6 フォローアップ審査

審査採点60%以下の場合にのみ、フォローアップ審査を実施します。

STEP 7 審査登録証の発行

審査終了後に審査登録証を発行します。

STEP 8 Bi-Annual Self Audit

1年後、TAPA FSRの運用状況をBi-Annual Self Auditとして実施します。

STEP 9 更新審査(Renewal Audit)

3年ごとに更新審査を実施し、審査登録証を更新します。


TAPA FSRの認証プロセス

関連サービス

■ISO28000
■SGS C-TPAT
■日本版AEO

見積もり依頼書ダウンロードページ

お問い合わせ先:SGSジャパン株式会社
認証・ビジネスソリューションサービス
セールス部
TEL:本社     045-330-5010
大阪事務所  06-6253-2702
名古屋事務所 052-950-2615
福岡事務所  092-272-1826
お問い合わせフォーム