サービス内容 - セキュリティSGS C-TPAT

SGS C-TPATとは

C-TPAT(Customs-Trade Partnership Against Terrorism:テロ行為防止のための税関産業界提携)プログラムは,米国税関・国境取締局(CBP)の通商保安プログラムです。C-TPATの目的は, テロ組織によって侵入される場合に備えて,米国および国際的なサプライチェーンを保護するために,通商産業界と連携しベストプラクティスを構築することにあります。
このプログラムは、2001年9月11日に発生した同時多発テロを受けて策定されました。CBPは、米国へ貨物(製品)を輸入する米国在住輸入者およびその輸入者のサプライヤーを対象に、C-TPAT基準に基づきバリデーションを実施し、C-TPAT参加企業としての認証を授与します。
SGSはC-TPATについてCBPの委託により多数のバリデーションを実施した経験があります。

SGSがご提供できるサービスは、以下となります。
【SGS C-TPAT基準に基づく事前調査】
 CBPよりバリデーション通告が来ている、またはバリデーションのための訪問が予想される組織を対象に、SGS C-TPATスコアリングマトリックスに基づき、事前調査を実施します。

【SGS C-TPAT 基準解説】
 SGS C-TPATスコアリングマトリックスの採点基準を解説するコースです。CBPが公表しているC-TPAT要求事項と関連付けて、具体的に要求されるパフォーマンス基準をご理解いただきます。

SGS C-TPAT評価サービス利用のメリット

■CBPによるバリデーションに向け、何を準備し対応すべきなのかが明確になります。
■CBPが公表しているC-TPAT要求事項と関連付けて、具体的に要求されるパフォーマンス基準へのご理解が深まります。
■CBPの委託でバリデーション実施経験を有するSGSによる研修または調査の実施は、実際のバリデーション時に大きなアドバンテージとなります。

SGS C-TPAT評価サービスのプロセス

STEP 1 お問い合わせ

研修のご要望についてまずはお問い合わせください。

STEP 2 見積作成・合意書のご提出

ご依頼の内容(日時、ご要望等)で御見積後、正式なご契約となります。

STEP 3 研修または事前調査の実施

貴社またはご指定場所にて、研修または事前調査を実施します。

STEP 4 証書または報告書の送付

ご提供内容により、修了証書または調査報告書を発行いたします。


SGS C-TPAT評価サービスのプロセス

関連サービス

■ISO28000
■TAPA FSR
■日本版AEO

見積もり依頼書ダウンロードページ

お問い合わせ先:SGSジャパン株式会社
認証・ビジネスソリューションサービス
セールス部
TEL:本社     045-330-5010
大阪事務所  06-6253-2702
名古屋事務所 052-950-2615
福岡事務所  092-272-1826
お問い合わせフォーム
ホーム > サービス内容 > セキュリティ > SGS C-TPAT