サービス内容 - 食品人工光型植物工場JAS

人工光型植物工場JAS

農林水産大臣が定める日本農林規格「JAS規格」のひとつで、人工光型植物工場における葉菜類の栽培環境管理について規定された制度です。施設に対する施設要求事項、運用に対する管理用要求事項が規定されており、認証取得者は取引先(小売店、レストラン、カット野菜工場など)に対して顧客要求事項を満たす栽培環境管理能力をアピールすることが可能になります。

人工光型植物工場JAS 認証取得のメリット

■食品安全に対する貴社のコミットメントを実証できます。
■植物工場JAS認証を取得することで取引先に対し、要求事項を満たす管理能力があることをアピールでき、取引の円滑化が期待されます。
■会社のウェブサイト、チラシ等にJASマークを貼付でき、さらにネット販売における商品説明欄へのJASマーク貼付等により、B to BだけでなくB to C取引においてもJAS認証事業者であることをアピールできます。

人工光型植物工場JASの認証プロセス

STEP 1 お見積り依頼

お見積り依頼書および認定説明書を送付します。

STEP 2 見積依頼書のご提出

見積依頼書に必要事項をご記入の上、ご提出ください。

STEP 3 見積書の受領および申請書のご提出

正式なご契約となります。

STEP 4 書類審査

文書類が規格要求事項を満たしているかを確認します。

STEP 5 実地検査

実施状況を確認します。

STEP 6 判定

判定委員会は、申請書、検査報告書及びその他の情報に基づいて申請者の認定の可否判定を行います。

STEP 7 認定証発行

認定証を発行します。

STEP 8 年次調査の実施

年1回年次調査を実施します。


有機JAS/生産情報公表JASの認定プロセス


見積もり依頼書ダウンロードページ

お問い合わせ先:SGSジャパン株式会社
認証・ビジネスソリューションサービス
セールス部
TEL:050-3773-4520
お問い合わせフォーム
ホーム > サービス内容 > 食品 > 人工光型植物工場JAS