ニュース

新型コロナウイルス発生に関わる政府による緊急事態宣言への「認証・ビジネスソリューション事業」における審査・監査・研修業務の対応について

2020年04月08日(お知らせ

※本ニュースリリースは、ISO認証をはじめとする「認証・ビジネスソリューション」事業部のサービスをご利用いただいている企業の皆様が対象となります。

2020年4月7日に日本政府より、掲題に関わる緊急事態宣言が発令されました。
SGSでは当緊急事態宣言を受け、以下の対策についてより一層の強化を行い、新型コロナウイルスの感染拡大に最大限に配慮をした上で、安全に審査サービスを継続し、お客様の適切な認証維持に努めてまいります。

お客様におかれましては、安全な審査の実施におきまして以下のご協力をお願い致します。

審査実施において、以下の3つの「密」を避ける。
①換気の悪い密閉空間を避ける。
-密閉空間には立ち入らないようにする。
-審査場所の換気をこまめに行う。
例)ドアや窓を開放する。
審査場所において換気扇や扇風機/サーキュレーターなどを利用する。

②多数が集まる密集場所を避ける。
-審査場所において対応いただく人数を最小限に絞る。

③間近で会話する密接場面(近距離での会話や発声)
-審査員とお客様の距離を保っていただく。
飛沫感染予防のためには人と人の間隔を1~2メートルを空けることが必要とされていますので、審査場所においてご配慮いただければ幸いです。
また、サイトツアーや現場の審査でも、常に互いの間隔を1~2メートル空けていただくようご配慮をお願い致します。

-審査員は常時マスク着用にて審査をさせていただきますので、予めご了承ください。
お客様側のご担当もマスクの着用をお願い致します。
必要に応じ、手袋、ゴーグルやフェイスシールドの着用も行いますので、ご相談ください。

-審査員が除菌スプレー/除菌シートを持参し、触れたものをこまめに除菌することを心がけます。
場合によっては、お客様の衛生用品をお借りすることもありますので、予めご了承ください。

緊急事態宣言の対象となっている地域につきましては、特にお客様の状況をお伺いしながら、慎重に対応して参ります。
現在、SGSでは審査員が現地訪問して実施する審査の代替として、リモート審査(遠隔審査)のご提案を進めており、順次実施して参ります(認証規格/制度によってはリモート審査が認められていないものもあります)。
審査を安全に行い、お客様及び審査員の双方の健康及び安全を維持するために、上記のご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

上記に関わるお問い合わせは、弊社担当コーディネーター、又は担当セールスまでお願い致します。
なお、現在、弊社社員は原則在宅勤務となっておりますので、メールでのご連絡にご協力をお願い致します。

SGSジャパン㈱
認証・ビジネスソリューションサービス

ホーム > ニュース > 新型コロナウイルス発生に関わる政府による緊急事態宣言への「認証・ビジネスソリューション事業」における審査・監査・研修業務の対応について